豊橋の医療法人 駿豊会 遠山クリニック 内科・消化器内科・小児科・皮膚科

内視鏡検査

  • HOME »
  • 内視鏡検査

胃内視鏡検査

食道・胃・十二指腸などの上部消化管を調べ、胃痛や胃もたれの原因となる胃炎や胃潰瘍、胃がんなどの診断を行います。
当院では経鼻(鼻から挿入)・経口(口から挿入)いずれも可能です。以前、経口内視鏡にてつらかった、反射が強かった方は経鼻内視鏡がおすすめです。
最近、胃の調子が悪いなど、違和感を感じられている方は、胃内視鏡検査を受けられることをおすすめします。
また、内視鏡検査にてヘリコバクタ―ピロリ感染が疑われる場合には積極的にピロリ検査、除菌治療を行っています。

大腸内視鏡検査

大腸を観察し、大腸ポリープや炎症性腸疾患(腹痛、下痢、便秘、血便、便潜血の原因)、大腸がんなどの診断を行います。大腸がんは年々増加の一途をたどっています。便潜血陽性の方は大腸内視鏡検査を受けられることをおすすめします。
また、日帰りポリペクトミー(ポリープの切除)が可能です。

鎮静麻酔も可能

内視鏡検査の際、体内に挿入されることに対する不安や違和感、のどに触れることによる嘔吐反射など検査の際の苦痛を軽減するために、ご要望に応じて眠って検査を受けていただくことも可能です。但し、鎮静剤使用の当日は車の運転を控えていただきます。

内視鏡洗浄機による感染対策

内視鏡洗浄機
当院では、KAIGEN(カイゲン)のクリーントップWM-SⅡの自動洗浄機を導入しており、強酸性電解水で内視鏡の洗浄や消毒をより完璧に行える環境を整えて感染対策を施しています(全例)。

検査は月~土曜日(木曜日の休診日を除く)のいずれの日でも対応可能です。基本は予約が必要になります。
(緊急の際はこの限りではありませんので、お気軽にご相談ください)

お気軽にお問い合わせください TEL 0532-55-3181 休診日:木曜日・日曜日・祝日

PAGETOP